学科試験

学科試験で最低合格ラインをクリアするための秘策は、過去問題の解き方にある!?

キャリアコンサルタント学科試験は、決して簡単なものではない キャリアコンサルタント試験の学科試験は、その出題範囲の広さや年々変化する労働関係の統計や法令などの時事問題で細かい数値などを問われることも多く、取り組み難さを感じている方も...
2019.10.09
傾聴

日常のコミュニケーションで「傾聴」を活用しよう

「傾聴」とは特別な技術なのか 「傾聴」というとカウンセリングの特別な技術と思っている方も多いと思います。確かにキャリアコンサルタントとクライエントという関係で面談を行う際は「傾聴」が絶対必要不可欠なスキルと言えます。「傾聴」無くして...
2019.07.21
学科試験

キャリアコンサルタント国家試験へ向けての心構え

絶対に諦めない 学科試験は、やればやるだけ確実に獲得できる点数は上がっていきます。「試験終了の合図があるまでは絶対に諦めない」という気構えがまず必要です。 問題は全部で50問。7割の正答率で合格ラインに達します。つまり50問中35問...
2019.07.21
論述試験

論述試験「問い1」の答え方2

キャリアコンサルタントがやってはいけないこと キャリアコンサルタントがやってはいけないこと、についても講座テキストに少し記述があります。「正しい答えは何だろうと考える」「キャリアコンサルタントが自分の興味で質問する」「クライエントを...
2019.07.21
論述試験

論述試験「問い1」面談の展開とは

面談の方向性 「展開」の部分は「面談の方向性」で、例えば「問題解決に向かう展開(問題解決に向き難い展開)」「自己探索が進む展開(自己探索が進み難い展開)」「自己理解が進む展開(自己理解が進み難い展開)」、などパターンが考えられます。...
2019.07.21
論述試験

論述試験「問い2」の解答パターン

キャリアコンサルタントの問いかけが、クライアントにどのような変化をもたらしたか 論述試験「問い2」のパターンです。 「問い1」と基本的には同様の問題と考えます。が、ポイントが絞られており解答し易く、サービス問題と言えるかもしれません...
2019.07.21
論述試験

論述試験「問い3」の解答パターン

キャリアコンサルタントが考える相談者の問題点 論述試験「問い3」の解答パターンです。 「キャリアコンサルタントとして、あなたの考える相談者の問題と思われる点」を記述する問題です。 ここでの「相談者の問題」とは、クライエントが既に気づ...
2019.07.21
面接試験

面接試験本番の流れ(一例)

面接の試験会場はどんなところ? JCDAの面接試験本番の流れの一例です。毎回パターンはある程度変更されている模様です。会場は貸会議室的なところが多いようですので参考程度に読んでください。会場によっては静かな試験環境を確保するため「貸...
2019.07.21
タイトルとURLをコピーしました