面接試験「将来展望」の答え方

将来展望
スポンサーリンク

この資格をどう活かすか

「口頭試問」が終われば、最後の評価項目「将来展望」の質問です。「この資格をどう活かすか」。

ロールプレイの内容、出来栄えとは全く関係なく答えられる問題です。ですから事前に100%準備できるサービス問題とも言えます。
配点は開示されていませんが、面接試験評価項目の5分の一の枠で設定されており、決して軽視することなく満点を目指したいところです。

何文字以内、何分以内という具体的な制限は無いようですが、一般的には原稿用紙1枚(400文字)程度を1分間くらいで話せるようポイントを絞り、事前に準備する必要があります。

キャリアコンサルタントの社会的意義

「個人的な願望」や「熱意を伝える」こともありだとは、思いますが、養成講座テキストにある「キャリアコンサルティングの社会的意義」「キャリアコンサルティングを必要とする社会的背景」などを基本に構成する方法もあります。
キーワードとしては、「少子高齢化」「経済のグローバル化・ボーダレス化」「社会や技術の変化の加速化・高度化」「不確実性」「人づくり」「個人が輝ける社会」「就業率の引き上げ」「仕事と生活の両立」「自らがキャリアを形成できる社会」、そして「働き方改革」(働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすること)、「誰もが輝ける社会の実現」、「人生100年時代」「ダイバーシティー」「キャリア教育出口論」「若手離職」「セカンドキャリア」「再就職」「中高年」「やりがい社会」などなどです。

最後は熱意を伝える

・・・そのために、キャリアコンサルタントが必要である!、今求められている!・・・そんな業務に携わっていきたい!・・・こんな感じにまとめる方法もありだと思います。
あとは、「明るく!」「大きな声で!」「自信を持つ!」「熱意を持つ!」「言い切る!」これに尽きると思います。就職試験の面接でもそうですが「如何に上手に話せるか」「如何に論理的に正しか」「如何に整えるか」ではないのです。「自分がこの会社でどうしても仕事がしたい」「この会社でなければダメだ」という熱意を伝えること、話が下手でもしどろもどろでもその「熱意」を伝えられることが決め手となったりするのです。世の中に「キャリアコンサルタント」をもっと増やしたいのです。その熱意をもった人たちを合格させたい。試験官たちはきっとそんな思いを持っているはずです。

コメント

  1. kyariko kyariko より:

    コメント

タイトルとURLをコピーしました