ロールプレイ

ロールプレイ

ロールプレイの相応しい展開とは?

ロールプレイで合格点を取るためのヒント JCDAの実技試験のうち、論述試験について、これまでの出題形式は、共通部分の逐語録に続いて、事例1と事例2の面談逐語録が提示され、展開の違いについて分析するというものです。その中でキャリアコン...
ロールプレイ

相応しい展開のロープレのヒントは、論述試験問題にあった!

ロールプレイは苦手という方 ロールプレイが苦手という方。頭では分かっていても実際のロールプレイで思った通りの展開に持っていけない。事柄のことばかり聞いてしまう。話が深まらない。経験の再現ができない。どんな問いかけの仕方が良いのかわか...
ロールプレイ

ロールプレイで緊張して失敗しないための秘策

面接試験本番で頭が真っ白になる 実技試験の面接試験でのロールプレイ。意識はクライエントに向けて集中させると分かっていても、いざ試験本番となるとやはり緊張してしまい、頭が真っ白になってしまうということもあるかと思います。これは面談経験...
スポンサーリンク
ロールプレイ

面接試験でロールプレイ中のメモを取る選択肢はあるのか?

面接試験でメモ用紙を渡されたとき、どうするか? 面接試験本番では、バインダーとメモ用紙、鉛筆を渡されます。これを使うかどうかは受験生の自由です。テーブルはありませんので、メモを取るとしたらバインダーと鉛筆を手で持ってロールプレイをす...
ロールプレイ

主訴のブレイクダウンとは?

主訴を明確にするにはブレイクダウンが必要 面談をしていく中で、クライエントの主訴がぼんやり見えてくる時があります。来談動機から、主訴をより明確にするためには、主訴のブレイクダウンを促す質問をしていく必要があるのです。主訴とは今の不快...
ロールプレイ

ロールプレイ「主訴・問題の把握」

どのような問いかけをしたのか 面接試験評価項目「主訴・問題の把握」です。試験要項にはこの部分は「問題を捉え、」とシンプルに書いてあります。 この評価項目は、「キャリアコンサルタントが主訴・問題を把握しているかどうか」や「主訴や...
ロールプレイ

ロールプレイ「傾聴」(後半)

相談者との関係を築く 面接試験評価項目「傾聴」の後半部分です。それは「相談者との関係を築く」というところです。 養成講座テキスト2のロジャーズの理論、「受容」「共感」「一致」を理解し、実践できているかどうか、クライエントとの信...
ロールプレイ

ロールプレイ「傾聴」(前半)

相談者を尊重する態度・身だしなみ 評価項目の「傾聴」の前半部分についてです。試験要項に書いてある部分では、「キャリアコンサルタントとして相談者を尊重する態度や姿勢(身だしなみを含む)で」のところです。 おそらく試験官は「チェッ...
ロールプレイ

ロールプレイ「具体的展開」(経験の再現)

具体的展開とは? 面接試験評価項目「具体的展開」です。試験要項でこの部分と思われるところは「面談を通じて相談者が自分に気づき、成長するような応答、プロセスを心がける。」という部分です。 「具体的展開」の1つ目のポイントはズバリ...
ロールプレイ

ロールプレイがうまくいった感覚とは?

リアルな日常のコミュニケーションで意識する 自主的な勉強会や有料の試験対策講座でのロールプレイの練習で、クライエント役の人というのは、キャリアコンサルタント有資格者であったり、受験生の仲間であったりすることが多いと思われます。 その...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました