ロールプレイで緊張して失敗しないための秘策

ロールプレイ
スポンサーリンク

面接試験本番で頭が真っ白になる

実技試験の面接でのロールプレイ。意識はクライエントに集中と分かっていても、いざ試験本番となるとやはり緊張してしまい、頭が真っ白になってしまうということもあるかと思います。これは面談経験の少ない受験生が試験会場という特殊な環境で行うため、誰でも緊張するのです。緊張のため今まで練習してきた成果を発揮できなかった、必ずクライエントに問いかけようとした思っていたことが本番では言えなかった、次の言葉が出ず沈黙してしまった、などが起こります。

緊張を和らげるための秘策

面接試験の受験がが1回目の方は、なおさら状況が分からず緊張してしまうのです。受験が2回目以降の方は、試験の流れが分かってきますので、その分の緊張は軽減され練習の成果が発揮できるのです。

1回目に受験される方が、この緊張を極力和らげる方法として、ロールプレイの台本(シナリオ)をあらかじめ作成しておくが有効な場合もあります。ロールプレイの練習では「今回の課題」を想定して、前回できなかったところをやってみようと取り組みますが、なかなかそれを実現できません。なぜかというと頭で考えているだけでは相手(クライエント)のケースや態度、話の進め方や内容、など様々な状況、変化によりその場で考えるには頭が対応できないからです。何回も同じケースで同じクライエントとロールプレイの練習をしていると、話の中身が見えていて、想定した「課題」をクリアできるかもしれません。しかしながら試験本番も含め、面談は基本的には初対面、一発勝負ということになります。リアルな面談の経験を積み重ねることで、徐々にできるようになるのでしょうが、最初は自分の「課題」を達成させる内容(発言)を含んだ「台本」的なもの作っておくと、緊張も和らぎます。

台詞の台本をつくってみよう

キャリアコンサルタントのセリフの台本のとしては、次のようなものです。このようなものを自身の言葉、表現で紙に書いて作っておくのです。

①こんにちは!キャリアコンサルタントの××です。どうぞよろしくお願いします。

②〇〇さん!今日はどんなご相談ですか?

③もう少し詳しくお聞かせいただけますか?

④何かきっかけはあったのですか?いつからそう感じ始めたのですか?

⑤それって、どういうことですか?

⑥それは〇〇さんにとって、どんな意味(価値)があるのですか?

台本の活用方法と解説

台本と言ってもたったこれだけです。作るのも覚えるのもそんなに難しくありません。ちょっと補足をしておきます。①の最初の切り出しです。ここは一度「この台詞」と決めたら変える必要のないところです。明るく、元気に、はっきり、大きな声でが基本です。試験官も受験生(キャリアコンサルタント)の最初の発言に注目しています。このときの一言、表情、仕草でまず評価されると思って間違いありません。②で相談者の名前を盛り込む。①の段階で名前を入れても良いのですが、②で入れた方がより自然な感じになります。ここでは「相談」としていますが、なるべく発音しやすい(噛まない)シンプルな言葉にしておいた方が無難です。「本日はどのようなご用件でお見えになりましたか?」みたいな長々とした言い方は、言葉の途中で噛んでしまう場合もあり、噛んだ瞬間に「失敗した感」を抱いてしまうからです。この後のクライエントの発言が来談動機になる部分なので神経を集中して聴きます。そしてここでの「受け止め」「伝え返し」は必須となります。③「お聞かせいただけますか?」はちょっと噛みそうであれば、「お話しいただけますか?」など噛みそうもない言葉を使います。ここからクライエントの話が始まります。話の中身は、基本的に仕事や職場のことです。どんな仕事をしているのか等、事柄に関することは軽く聞き流し(受け止め、伝え返し)、クライエントの感情を含んでいると思われる言葉が出てくるのをひたすら待ちます。そしてその「言葉」が出てきた瞬間ににすかさず④を質問します。するとクライエントは、過去のある出来事を語りだすのです。この④を入れないと、15分間事柄の話に終始して「表面的な深まらない面談」となってしましますので、最重要ポイントとなります。あとは、できるだけそれを感じた瞬間の場面を詳細に再現していきます。(再現するのはあくまでクライエントで、それを手助けしていくのがキャリアコンサルタントです)いつ、どこで、誰が、何を、どうした、どんな言葉を言ったか、聞いたか、そしてその時何を感じたのか、どう思ったのかなどです。ここでキャリアコンサントは分からないこと、頭に描けないことが出てきたら、⑤を入れていきます。抽象的な表現や言葉が出てきたら具体的なことに落とし込まれるまで、繰り返し⑤を投げかけても良いかもしれません。そして、その出来事の「瞬間」「感情」をクライエントが再体験できたならば、⑥を聞いていきます。クライエントの自問自答が開始され、クライエント自らが気が付き、今後どうすべきか考えられるようになるのです。

徹底した聞き役に

このような面談の「シナリオ」は、相談内容(ケース)によって大きく変わることはありません。面談において、ポイント、ポイントでの意図的なキャリアコンサルタントの投げかけ(問いかけ)が重要なのです。面談では、話しをするのがクライエント、聴くのはキャリアコンサルタントなのです。聴くためのキャリアコンサルタントの質問はできるだけ短く、そして的確に。あとは、ひたすらクライエントの話を聴く、ということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました