ロールプレイの相応しい展開とは?

ロールプレイ
スポンサーリンク

ロールプレイで合格点を取るためのヒント

JCDAの実技試験のうち、論述試験について、これまでの出題形式は、共通部分の逐語録に続いて、事例1と事例2の面談逐語録が提示され、展開の違いについて分析するというものです。その中でキャリアコンサルタントの応答が「相応しいか」「相応しくないか」という設問もあります。論述試験では、設問通りに回答することになるのですが、実はここで言う「キャリアコンサルタントの相応しい応答」というのが、JCDA面接試験におけるロールプレイで合格点を取るための応答の仕方のヒントになっているのです。

逐語録の重要性

論述試験とは繰り返しになりますが、ロールプレイ試験を紙に書くようなものです。具体的には面談の逐語録の分析(振り返り)をすること、という意味です。養成講座ではロールプレイの録音をして文字お越しをして、逐語録を作るというプログラムがあると思います。逐語録を作る作業は時間もかかり、自分の声を聴くという精神的にもプレッシャーのかかる作業となります。大変ですが、それを乗り超えて、逐語録作成の作業を丁寧にやればやるだけ気づきも多く、面談のスキルアップには大変効果的なものです。特に、自分がなぜこの時この言葉を発したのか?その時自分は何を考えていたのか?何を知りたくてその質問をしたのか?自分という人間に客観的に捉えて自分に向き合うこと、内省すること、これがカウンセリングの本質なのです。

キャリアコンサルタントの面接スキル

論述試験の設問で出てくる逐語録の内、キャリアコンサルタントの相応しい応答が行われているものというのは、JCDAが求めているキャリアコンサルタントの面接スキルが例示されている、と見ることもできます。つまり、面接試験のロールプレイで、このような展開にできれば、合格点が取れるとも言えます。

事例の共通部分に最初の応答のヒントが

過去に出題された論述試験の逐語録を具体的に見ていくと、最初に事例1と事例2の共通部分があります。その共通部分の最初の1行目が相談者(クライエント)の来談動機です。面接試験のロールプレイでも相談者は最初に短く一言つぶやきます。これはあくまで来談動機であって主訴は別のところにあるということを頭の片隅で考えておく必要があります。この共通部分はキャリアコンサルタントの基本的な応答の例(このような展開が相応しい)が示されていると考えられます。ポイントとなる部分は「受け止め」「伝え返し」「キャリアコンサルタントの最初の応答」です。これらはそのまま実際の面接試験のロールプレイでも流用可能です。

来談動機の中身を確認

実際の論述試験の過去問を見てみると、キャリアコンサルタントの最初の応答では「事柄」に関する質問はしていないことが分かります。例えば第12回のJCDA論述試験で「今の職場でやっていけるか不安」と来談動機が述べられた後、キャリアコンサルタントは「何かありましたか?」とすかさず過去の出来事の質問をしています。この最初の質問を例えば「今のお仕事は何をされているのですか?」などと「事柄」の質問に展開してしまうと、その話の流れになってしまいます。15分間という短い時間で「事柄」の話が中心になってしまう可能性が高くなります。結構キャリアコンサルタントの最初の質問で何を投げかけるか、が面談の展開に大きく影響を及ぼす重要な要素になります。論述試験の逐語の共通部分でキャリアコンサルタントが最初の質問をどのようにしているのか、確認しておくと良いかもしれません。その後は、第12回の逐語録共通部分では、キャリアコンサルタントは来談者が語った(発せられた)「不安」の中身を確認しているのです。 第13回においても同様です。クライエントが「今の新しい部署に馴染めなくて、どうしたらいいかご相談に来ました。」と最初に来談動機を話した後、キャリアコンサルタントが「今の部署に馴染めないということですね。どうされたんですか。」と出来事(経験)をまず最初に聞き出そうとしています。「今の部署ってどんな仕事やっている?」「どんな環境なのか?」「何に馴染めないのですか?」などと「事柄」の質問はしていないことに気づきます。

経験への問いかけは必須

共通部分が終わると、ここから事例が1と2に分かれています。「相応しい展開」の事例を注目すると「経験への問いかけ」を行っているところが必ず出てきます。この経験への問いかけは面接試験のロールプレイでも必須の応答、質問と言えます。第12回の事例2で、冒頭に「不安になられたきっかけは?」「具体的な出来事は何かあったのですか?」とあります。その他の経験への問いかける言葉としては「いつからそう感じたのですか?」「最近、そう思ったのはいつですか?」なども考えられます。この「経験の問いかけ」につながる質問、問いかけがスムーズにできるようになると、面談に深みが生まれてくるのです。第13回の事例2の冒頭でも「心苦しく感じてしまいます。」というクライエントの感情が含まれている言葉が発せられた瞬間にキャリアコンサルタントは「最近、他の人に仕事を頼んで、心苦しいという思いになったことはありましたか。」と直近の経験を問いかけています。ここではクライエントは「・・・毎日のことなのです。」と言ってから一週間前の出来事を話しだしてくれましたが、クライエントから返ってくる答えは、最初は「毎日」「いつも」「ずーっと」そのような状態だと話す場合も多いと思います。そのような場合でも「毎日って、昨日もそうだった?」と具体的なピンポイントの出来事に絞り込んでいく必要があるのです。「そうなんですか・・・」などど納得してしまい返してしまうと、せっかく経験への問いかけの入り口が開いたのに、話はそこで終了してしまいます。

過去の論述試験の逐語録に応答のヒントがある

その他「相応しい事例」におけるキャリアコンサルタントの応答の部分に注目して過去の論述試験の相応しい逐語録を見ていくと「キャリアコンサルタントの応答は短く」「長く話をするのは相談者」「その話を聞くのはキャリアコンサルタント」というような全体の大きな流れが見えてきます。クライエントが話しやすいように意図的に短く応答しているのです。ただし、あまり短すぎて、クライエントがどの話をしたらよいのか迷ってまわないように、方向付けの言葉も盛り込むのも忘れてはいけません。

経験の問いかけを行う意味はここにある

そして、相応しい展開の事例の後半に出てくるのが、相談者の価値観や信念、意味、意義などを確認するための質問です。ある出来事がきっかけで、現在「不安」に悩まされている。その出来事が示す意味は何だったのか、自分にとってどんな意味があったのか、経験を再現することで、自問自答が促され相談者自身が「あること」に気づくこと、その入り口なるのがこの後半に出てくるキャリアコンサルタントの問いかけなのです。

ロールプレイの模範解答は論述試験の逐語録にある

いわば、ここまでの展開を最初の15分のロールプレイで、どの程度行えるかどうか、を問われるのがJCDAの面接試験なのだと思います。実際には15分間という短い時間ではなかなか思う通りに展開できないこともあるので、その後の口頭試問でできなかったことを今後やりたいことを「補足する」という考えが正解かもしれません。最も具体的でかつ適切な面接試験ロールプレイの模範解答は、論述試験の逐語録にあると言っても良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました