ロールプレイ「主訴・問題の把握」

ロールプレイ
スポンサーリンク

どのような問いかけをしたのか

面接試験評価項目「主訴・問題の把握」です。
試験要項にはこの部分は「問題を捉え、」とシンプルに書いてあります。
この評価項目は、「キャリアコンサルタントが主訴・問題を把握しているかどうか」や「主訴や問題とは何か」という「正解」を問われている、というよりは「キャリアコンサルタントが主訴・問題を把握する、明らかにするために、どのような質問をしたのか、どのような問いかけをしたのか」という面談のプロセスを問われていると考えるべきです。

主訴は刻々と変化する

そもそも主訴・問題は面談の経過とともに変化して徐々に明らかになっていくもので最初から「正解」があるわけではありません。キャリコンの見立てやインスピレーションがあれば、その都度クライエントに確認していくものです。試験ではクライエント役のスタッフには事前に、「主訴」や「問題点」のシナリオ的なものは準備されているのでしょうが、面談のプロセスによって変わってくるのは当然です。キャリアコンサルタントが主訴・問題をどのように把握しているのか、していないのかは、試験官なら面談の流れを見ていれば一発でわかってしまいます。(面談直後に行われる「口頭試問」の「振り返り」で、「主訴は何だと思うか?」と聞かれるケースが多いようです。)

クライエントが何を求めるのか

クライエントのファーストフレーズは、その糸口であることは間違いありませんが、あくまで「来談動機」と考えます。この来談動機に「クライエントが何を求めるのか」「クライエントがどういう状態になりたいと思っているのか」(主訴)が隠されている。と考え、質問により明らかにしていく、という流れになります
この辺りは、テキスト5相談場面の設定にあるインテーク面談に「クライエントの主訴をクライエントとともに確認する」にも記述があります。

主訴を確認する万能質問

来談動機を聞いても何かピンとこない時があります。その表情や語り草から何か引っかかるものがある。抽象的な表現でよくわからない。そんな時にどのように質問すればよいか迷います。
私は、そんな時に、伝え返した後「それってどういうことですか?」と聞きます。そして返ってくる答えでも不明な点があれば、伝え返した後「それってどういうことですか?」と。不明なもの抽象化されたものが具体化されるまで繰り返す。

「それ」という限定しない表現がミソです。これを「◯◯って、どういうことですか?」と限定した言葉にしてしまうと、クライエントは自分の内面に意識が向かわず、キャリアコンサルタントの質問に答えようとしてしまうのです。何も限定しないこのようなフルオープンの質問は、キャリアコンサルタントが知りたいことを聞くためのものではなく、クライエントの内省を促すための質問なのです。このように聞かれたクライエントは、キャリアコンサルタントから伝え返された直前の自分の発言を自問自答し、その言葉の中から一番話したいことを話し出すのです。
具体的なことが明らかになってくれば、自ずと「主訴」(ニーズ)は見えてきますし、クライエントの「問題点」も明らかになってくるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました