基本スキル

ロールプレイで次の質問が思い浮かばない!面談で話を中断させない「しりとり」とは?

日常会話の主体(主語)は「自分」にある ロールプレイの練習を始めると、どんな質問をすればよいのか?最初は誰でも戸惑うものです。面談(カウンセリング)は日常会話とは似ているようで、全く違うものだからです。日常会話というのは基本的に、自...
2022.06.04
学科試験

学科試験で最低合格ラインをクリアするための秘策は、過去問題への取り組み方にある

キャリアコンサルタント学科試験は、決して簡単なものではない キャリアコンサルタント試験の学科試験は、その出題範囲の広さや年々変化する労働関係の統計や法令などの時事問題で細かい数値などを問われることも多く、取り組み難さを感じている方も...
2022.05.29
実技試験

クライエントのファーストフレーズの受け止め方

実技試験ではファーストフレーズの受け止め方で全てが決まる 国家資格キャリアコンサルタント試験の実技試験は、学科試験の当日に行われる「論述試験」と後日行われる「面接試験」です。「面接試験」ではあらかじめ設定された「相談者」と「ケース」...
2022.05.29
スポンサーリンク
共感

共感的理解の方法

面談のスキル「共感的理解」とは カウンセリングなどで必要不可欠な基本的なスキルとして「共感的理解」があります。広辞苑では「共感」という言葉は「他人の体験する感情や心的状態、あるいは人の主張などを、自分も全く同じように感じたり理解した...
2022.05.29
実技試験

実技試験直前に押さえておきたいこと

実技試験対策に掛けられる時間は、あまりにも短い キャリアコンサルタント試験は、最初に学科試験と実技試験の論述試験が行われ、その一二週間後に実技試験の面接試験が行われます。学科試験の出題範囲が広大でしかも細かい数値を覚えなければ答えら...
2022.05.29
面接試験

論述試験過去問の逐語録でみる、内省への切り込み質問

内省への切り込み質問とは キャリアコンサルティングにおける面談では、「内省を促す」「自己探索を促す」「自問自答を促す」など、外向きにしか向いていないクライエントの意識を内向きに変更することが解決への向けての一歩となります。その流れを...
2022.05.29
論述試験

第19回論述試験解答例(JCDA実施分)

設問の傾向 第18回の試験から、基本的な設問には変更ありません。 「問い1」の解き方 事例Ⅰと事例Ⅱの展開の違いを指定語句を持ちいて述べる問題です。展開の違いが生じるのは、CCtの応答の違いということになりますが、逐語録...
2022.03.11
論述試験

論述試験「問い1」面談の展開とは

面談の方向性 「展開」かの部分は「面談の方向性」で、例えば「問題解決に向かう展開(問題解決に向き難い展開)」「自己探索が進む展開(自己探索が進み難い展開)」「自己理解が進む展開(自己理解が進み難い展開)」などパターンが考えられます。...
2022.03.11
論述試験

論述試験「問い1」の解答パターン

キャリアコンサルタントの対応による展開の違い JCDA論述試験の「問い1」について、解答パターンの考え方の一例をご紹介します。「事例ⅠとⅡはキャリアコンサルタントの対応の違いにより展開が変わっている。事例ⅠとⅡの違いを下記の5つの語...
2022.03.11
論述試験

論述試験「問い1」の答え方2

キャリアコンサルタントがやってはいけないこと 「キャリアコンサルタントがやってはいけないこと」についても講座テキストに少し記述があります。キーワードをピックアップすると次のとおりです。 正しい答えは何だろうと考えるキャリアコン...
2022.03.11
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました