論述試験「問い1」の解答パターン

論述試験
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャリアコンサルタントの対応による展開の違い

JCDA論述試験の「問い1」について、解答パターンの考え方の一例をご紹介します。「事例ⅠとⅡはキャリアコンサルタントの対応の違いにより展開が変わっている。事例ⅠとⅡの違いを下記の5つの語句(指定語句)を使用して解答欄に記述せよ」という問いです。

ポイントは、「事例ⅠとⅡの違いを記述」なので、どちらが「良い」か「悪い」かということではないこと。また「違い」とは「展開の違い」であること。「展開の違い」が生じている原因は「キャリアコンサルタントの応答の仕方(対応)」と読み解けると思います。

「キャリアコンサルタントの対応」とは、「クライエントの話の受け止め方」と「クライエントへの問いかけ」ということです。

解答パターンの骨子

解答パターンとは「相談内容(事例、ケース)にかかわらず、解答の形を作る一定のもの」ということになります。

「事例Ⅰでは、①のため、②という展開になっている。一方事例Ⅱでは、③のため、④という展開になっている。」これが解答の骨子となります。 そして①と③には「キャリアコンサルタントの応答の仕方(対応)」、②と④には「この面談の方向性」を入れていくのです。

「キャリアコンサルタントの応答の仕方(対応)」の部分は、「面談場面で、キャリアコンサルタントがやらなければならないこと、やってはいけないこと」を中心に構成していきますが、その根拠(理由)となる部分は逐語録の具体的な発言を引用していきます。

基本部分の構成例

事例Ⅰでは、クライエントの内的感情を受けとめず、「自信を持つには経験も必要」といったキャリアカウンセラーの価値観を一方的に押し付けて、クライエントに寄り添うことなく、「新しいことをするには勇気がいる」と断定的に誘導している。

事例Ⅱでは「何かあったんですか」とクライエントの経験に問いかけを行うことで、クライエントの自己探索を促し、「強いショック」という発言を捉えてクライエントの自己概念にかかわることで、内省を促している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました