口頭試問「今後の展開」

口頭試問
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今後の展開の考え方

「今後の展開」についてもよく聞かれる質問です。論述試験も同様の問題がありますが、基本的な考え方は同じだと考えます。
15分のロールプレイの進み具合を受けて、直後の流れから、これからの展開を述べると全体感が出てくると思います。
「できたところ」「できなかったところ」で述べた内容をからつなげると、スムーズです。「できたところ」はさらに深める、「できなかったところ」はこれから展開させる、ということです。

今後の展開の解答パターン

解答パターンは「クライエントの価値観、何を大切にしているのか、ありたい姿を言語化していく」「情報提供を行いながら、具体的な計画を考えてもらう」
「自分の強み、弱みを確認してもらい、ありたい姿を言語化する」「役に立たない信念、思い込みに気づいてもらい、自己評価を上げる」「前向きに仕事に取り組めるよう支援していく」

ここで、なぜそのことが必要なのか、クライエントの主訴(どうなりたいのか)を意識する、クライエントの問題点を意識する、ことが必要なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました